CDGMとは

ホーム > CDGMとは

CDGMとは

CDGM(Creative Dynamic Group Method)は、経営管理のコアエンジンとして、価値感共有・協力関係構築と、現場からのダイナミックな変革を推進する手法です。
「競争力の源泉は従業員の働く喜び“Joy Of Work”である」ことを前提として、現場と経営を同期させることにより、持続的な成長を目指す活動になります。

この手法は、デミング博士の右腕として32年間米国で活躍した吉田耕作博士が編み出したもので、日本においては既にNTTデータ、NTTコムウェア、NEC、日本政策投資銀行など大手をはじめ、ナリカ(旧中村理科工業)やサカイ産業など中小企業でも多くの実績を挙げています。特に中小企業では効果が現れるのが早く、ボーナス年3回を出すにいたった会社がすでに3社となっています。
企業の他、非営利組織や政府機関にも適用可能です。

CDGMの導入実績




吉田耕作博士のご紹介

JOWPA公式facebook

セミナー一覧

  • セミナー一覧
  • セミナー開催報告
  • セミナー関連動画

CDGMとは

  • CDGMとは
  • 企業における課題
  • 解決へのアプローチ
  • 新しいマネジメント
  • 導入の流れ

CDGM導入企業一覧

  • CDGM導入企業一覧
  • CDGM導入事例詳細

JOWPAの概要

  • 協会の概要
  • 吉田博士紹介・会社概要
  • コンサルタント紹介
  • 提供サービス
  • よくある質問
  • 関連書籍
  • 関連リンク